• バンコクでお部屋探しをしてみよう

    Date: 2018.10.16 | Category: 不動産 | Tags:

    1.注目されているバンコクについて

    高度成長期時の日本であれば、自分の可能性を信じて地方から東京に上京してくる人も少なくなかったですが、バブルがはじけて日本の経済は不安定になってきた現代であれば、上京しても仕事が無いことや可能性を試す場所も少なくなってしまったことから、上京するよりも国外の海外に目を向ける人が多くなりました。

    そして日本の衰退とともに発展してきたのが中国をはじめとしたアジア各国ですが、中でもバンコクは注目です。
    裕福層が多くなって成功した国といえば中国ですが、中国でも経済の行き詰まりが心配される今、注目されているのはまだまだ未発展であるバンコクなどの国です。

    ですから海外で成功したいという人であれば、バンコクでお部屋探しをしてみましょう。
    バンコクでのお部屋探しはネットで自分で探すことというのもできますが、まずは現地に出向いて自分の足で探してみるというのもおすすめです。

    ディアライフバンコクより引用

    観光がてら自分の住む部屋を探すということは、知らない街だからこその面白さというのも出てくるでしょう。
    また、日本よりも安い部屋が見つかるかもしれないという楽しさもあります。

    けれど現地に直接出向いてお部屋探しをするには、現地の不動産を管理している人との交渉なども必要になってくるものです。
    ですからある程度の語学力も必要になってくるものです。

    2.現地で部屋探しするには語学力を身につける必要がある

    語学に自信がないという人であれば日本人が管理している部屋を見つけるという方法もありますが、いずれにせよ現地で何かトラブルがあったような時は語学力がないと困ることが多いでしょう。

    なのでお部屋探しをしていくのであれば、語学力も身に着けてから行くのがおすすめです。
    ですがバンコクで暮らしたいのであれば、アジアの国にある程度免疫がありに慣れていることが大事です。

    慣れない地での暮らしは食事も環境も合わないと最悪です。
    たちまち不健康になってしまうものなので、アジアの国に旅行などで慣れてから生活をスタートさせるようにもしましょう。

    また、バンコクに限らず言えることでもありますが、賃貸契約やお部屋探しのルールというのは日本と海外とでは異なることがほとんどです。
    ですから日本と同じように考えないということも大事です。

    日本でお部屋探しをする時は敷金礼金が必要であったり、保証金が必要になるというケースも多いものです。
    けれどそうしたルールは日本だけであることもありますし、場合によってはな海外ならではのルールという壁にぶつかることもあります。

    なのでそうした情報を得るために現地で生活している人の口コミなども参考にしておくと良いでしょう。
    見た目は何の苦労もなく暮らせるようなお部屋であっても、お水の出が悪かったり不衛生さを感じることで次第に苦労が増えてくるものです。

    3.近くに安心していける病院があるかどうかも重要

    日本では何気なく管理されていたもの、簡単に手に入っていたものが手に入らなくなるということはとても精神的な疲れを増やすことにもなります。
    なので日本と同じだとは考えず、日本と違うところを見つけるところから始めてみても良いです。

    特に水が合うか合わないか、ということはとても大事なことです。
    せっかく希望に見合う部屋が見つかったのにそうそう日本に帰ることになってしまっては困るでしょう。

    また、体調不良になってしまった時に頼りになるのはお医者様ですから、近くに安心していけるお医者様があるかどうかを見てみるというのも良いです。
    お医者様がなければ、頼れる、日本語のできる人が近くにいるような集落を選ぶようにもしましょう。

    何か体の異変があったような時は自分の勉強した現地の言葉で伝えるよりも、慣れた日本語のほうがうまく伝えられるということがあります。
    現地に行っても日本語ができる人が近くにいることで長く暮らせていけることもあります。

    また、語学勉強のために住むのと仕事でも住むのとでは住居にかけられる費用も異なってくるので気を付けましょう。
    あまり住居に費用をかけてしまうといくら物価が安い国とは言え暮らしていくのがきつくなります。

    語学勉強で行くのであればできるだけ節約しながらでも上手に暮らしていける方法を考えましょう。
    そして仕事で住むのであれば現地で長く暮らしている人が他にいればその人の生活スタイルを参考にして現地での交流も意識していくと良いです。

    仕事の場合は人とのコミュニケーションがないと生活も仕事も成り立っていかないという問題もあるので、早くに馴染むようにすることというのがとても大事になります。

    日本との違いを楽しみながら現地での生活にもなじんでいくようにすることで楽しく暮らしていくことができるでしょう。
    また、現地ではカードよりも現金で部屋を借りたほうが良いということもあるでしょう。

    そのほうが不正利用にもならないですし、後で発生する料金などよくわからないものにお金を支払わずに済むということがあります。
    現金は面倒ですが、カードでないほうが良いということも海外では多いです。