Archive for the ‘不動産’ Category

  • バンコクでお部屋探しをしてみよう

    Date: 2018.10.16 | Category: 不動産 | Response: 0

    1.注目されているバンコクについて

    高度成長期時の日本であれば、自分の可能性を信じて地方から東京に上京してくる人も少なくなかったですが、バブルがはじけて日本の経済は不安定になってきた現代であれば、上京しても仕事が無いことや可能性を試す場所も少なくなってしまったことから、上京するよりも国外の海外に目を向ける人が多くなりました。

    そして日本の衰退とともに発展してきたのが中国をはじめとしたアジア各国ですが、中でもバンコクは注目です。
    裕福層が多くなって成功した国といえば中国ですが、中国でも経済の行き詰まりが心配される今、注目されているのはまだまだ未発展であるバンコクなどの国です。

    ですから海外で成功したいという人であれば、バンコクでお部屋探しをしてみましょう。
    バンコクでのお部屋探しはネットで自分で探すことというのもできますが、まずは現地に出向いて自分の足で探してみるというのもおすすめです。

    ディアライフバンコクより引用

    観光がてら自分の住む部屋を探すということは、知らない街だからこその面白さというのも出てくるでしょう。
    また、日本よりも安い部屋が見つかるかもしれないという楽しさもあります。

    けれど現地に直接出向いてお部屋探しをするには、現地の不動産を管理している人との交渉なども必要になってくるものです。
    ですからある程度の語学力も必要になってくるものです。

    2.現地で部屋探しするには語学力を身につける必要がある

    語学に自信がないという人であれば日本人が管理している部屋を見つけるという方法もありますが、いずれにせよ現地で何かトラブルがあったような時は語学力がないと困ることが多いでしょう。

    なのでお部屋探しをしていくのであれば、語学力も身に着けてから行くのがおすすめです。
    ですがバンコクで暮らしたいのであれば、アジアの国にある程度免疫がありに慣れていることが大事です。

    慣れない地での暮らしは食事も環境も合わないと最悪です。
    たちまち不健康になってしまうものなので、アジアの国に旅行などで慣れてから生活をスタートさせるようにもしましょう。

    また、バンコクに限らず言えることでもありますが、賃貸契約やお部屋探しのルールというのは日本と海外とでは異なることがほとんどです。
    ですから日本と同じように考えないということも大事です。

    日本でお部屋探しをする時は敷金礼金が必要であったり、保証金が必要になるというケースも多いものです。
    けれどそうしたルールは日本だけであることもありますし、場合によってはな海外ならではのルールという壁にぶつかることもあります。

    なのでそうした情報を得るために現地で生活している人の口コミなども参考にしておくと良いでしょう。
    見た目は何の苦労もなく暮らせるようなお部屋であっても、お水の出が悪かったり不衛生さを感じることで次第に苦労が増えてくるものです。

    3.近くに安心していける病院があるかどうかも重要

    日本では何気なく管理されていたもの、簡単に手に入っていたものが手に入らなくなるということはとても精神的な疲れを増やすことにもなります。
    なので日本と同じだとは考えず、日本と違うところを見つけるところから始めてみても良いです。

    特に水が合うか合わないか、ということはとても大事なことです。
    せっかく希望に見合う部屋が見つかったのにそうそう日本に帰ることになってしまっては困るでしょう。

    また、体調不良になってしまった時に頼りになるのはお医者様ですから、近くに安心していけるお医者様があるかどうかを見てみるというのも良いです。
    お医者様がなければ、頼れる、日本語のできる人が近くにいるような集落を選ぶようにもしましょう。

    何か体の異変があったような時は自分の勉強した現地の言葉で伝えるよりも、慣れた日本語のほうがうまく伝えられるということがあります。
    現地に行っても日本語ができる人が近くにいることで長く暮らせていけることもあります。

    また、語学勉強のために住むのと仕事でも住むのとでは住居にかけられる費用も異なってくるので気を付けましょう。
    あまり住居に費用をかけてしまうといくら物価が安い国とは言え暮らしていくのがきつくなります。

    語学勉強で行くのであればできるだけ節約しながらでも上手に暮らしていける方法を考えましょう。
    そして仕事で住むのであれば現地で長く暮らしている人が他にいればその人の生活スタイルを参考にして現地での交流も意識していくと良いです。

    仕事の場合は人とのコミュニケーションがないと生活も仕事も成り立っていかないという問題もあるので、早くに馴染むようにすることというのがとても大事になります。

    日本との違いを楽しみながら現地での生活にもなじんでいくようにすることで楽しく暮らしていくことができるでしょう。
    また、現地ではカードよりも現金で部屋を借りたほうが良いということもあるでしょう。

    そのほうが不正利用にもならないですし、後で発生する料金などよくわからないものにお金を支払わずに済むということがあります。
    現金は面倒ですが、カードでないほうが良いということも海外では多いです。

  • 不動産事業について詳しく知りたい

    Date: 2018.09.14 | Category: 不動産 | Response: 0

    不動産事業について詳しく知る

    不動産事業には、不動産仲介業や賃貸業などがあります。

    街全体を再開発するような規模の大きなものもありますが、その多くは一般住宅を扱う規模の小さなものがほとんどになります。

    不動産事業の中でも賃貸業は、マンション・アパート・戸建住宅・駐車場などを貸し出して家賃収入を得る事業になります。

    法人向けに事務所・工場・店舗・倉庫などを貸し出すこともあります。

    単純に建物を貸し出すというだけではなく、そこで生活がしやすいような環境を整えることも賃貸業の重要な役割です。

    例えば、定期的に外壁や備え付けの設備のメンテナンスをしたり、マンションなどの集合住宅の場合には共有スペースを清掃するといったことがあります。

    また、入居者同士のトラブルに対応したり、入居時や退去時の事務手続きをすることも賃貸業に含まれます。

    ただし近年は競争が激しく、空き家の増加が社会問題となっています。

    特に地方では人口が都市部に流れることもあって問題が深刻化しています。

    一方、都会では空き家が存在しないのかというと、そういうわけではありません。

    空き家の増加が社会問題となっている

    最近では都市部でも空き家が増えてきており、問題が認識され始めてきました。

    空き家が多いと犯罪者が住みついてしまったり、倒壊の危険が生じたりとその地域の安全を脅かすことにもなりかねません。

    需要よりも供給のスピードが速く、ますます空き家が増えていくというデータもあります。

    賃貸業は家賃収入を得ることを目的に行うことがほとんどなので、入居者がいないと事業が立ちいかなくなってしまいます。

    人気のある物件はすぐに入居者が決まる一方で、あまり人気が無い物件は空き状態が続いていることも多いものです。

    数十年前には人気の高かったエリアでも、環境の変化によって人気が下落することもあります。

    また、ライフスタイルは多様化しており、好まれる立地や環境などにも変化が見られます。

    特定の層をターゲットとするコンセプトがはっきりした集合住宅も登場し、見知らぬ人同士が同じ屋根の下に住むシェアハウスなども増えてきました。

    一定の期間だけ住まいを借りるマンスリーマンションやウィークリーマンションもあります。

    それから不動産事業には、売主と買主、貸主と借主をつなぐ不動産仲介業もあります。

    不動産を所有している人からの依頼を受けて購入希望者や入居希望者を広く募集したり、売買契約や賃貸契約がスムーズに行くようにサポートしたりします。

    土地や住宅を購入したいという人からの依頼で、条件にある物件を探すケースもあります。

    不動産の売買や賃貸を行う際には、権利や義務について詳しく知っておく必要が生じます。

    税金を支払うこともありますし、資金を調達するのに銀行を利用することもあるでしょう。

    そのため法律の知識や金融面の知識も必要になります。

    建築についての知識が必要なこともありますし、行政に書類を提出することも多くあります。

    法律や金融面の専門的な知識も必要

    専門的な知識を持っていなければ、不動産事業を円滑に行うことは難しいといえます。

    不動産仲介の手数料について、割高というイメージをお持ちの方も多いと思います。

    他の業種に比べて費用がかかってしまうのは、不動産の仲介そのものがさほど多いわけではないということにあります。

    何度も住宅を購入するという人は少ないですし、賃貸物件でも年に何度も引っ越すわけではありません。

    そのため1回の取引の手数料は割高になってしまうのです。

    ただし、最近の賃貸物件などでは、仲介手数料を割安に設定しているようなところも登場してきました。

    また、賃貸物件を借りる際のハードルは高いという現状がありました。

    連帯保証人を準備しなければいけませんし、敷金や礼金なども必要だからです。

    現代社会では地域や親戚関係のつながりが薄くなったこともあって、連帯保証人になってくれる人がいない場合も増えてきています。

    そのニーズに応えるために生まれたのが保証会社です。

    保証会社に料金を支払うことで、万が一家賃を滞納してしまった時でも立て替えてもらうことができます。

    貸主の方でも家賃が滞る心配がないので、利用する大家も増えてきました。

    不動産仲介業者は色々あり、依頼する会社によってそれぞれ特徴が異なる

    OGI ホールディングスなどの不動産仲介業者は色々あり、依頼する会社によってそれぞれ特徴が異なります。

    ずっと売却できなかった住宅が、不動産会社を変えたらすぐに売れたというようなこともあります。

    たまたまタイミングが良かっただけということもありますが、消費者へのアピールが上手だったということもあるので不動産会社選びは非常に重要です。

    では、どういったポイントで不動産仲介業者を選べばいいのでしょうか。
    まず、信頼できる業者を見極めることが重要です。

    質問をしたら的確な答えが得られるのか、すぐに回答をもらえるのかなどがポイントになります。

    あまり話を聞いてくれなかったり、不動産会社の都合を押し付けてくるようなところは信用できません。

    不動産についての知識があまり詳しくないといった時にも注意が必要です。

    [PR]OGIホールディングス

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿