Archive for the ‘未分類’ Category

  • 東新住建のロングライフ設計による注文住宅

    Date: 2017.12.10 | Category: 未分類 | Response: 0

    ロングライフ設計のポイント

    東新住建の注文住宅は、高性能でロングライフ設計に最適です。

    高性能な住宅は、光熱費の抑制効果が大きいのが特徴です。

    家計に優しく、快適な暮らしを実現できます。

    ロングライフ設計のポイントは、木造建築の耐用年数を超えても快適に暮らせるかどうかです。

    木造建築の耐用年数は30-年です。

    耐用年数は建築基準法の規定が基準値です。

    現実には、30年を超えても快適に暮らせる木造建築住宅は多いのですが、メンテナンスやリフォームが必要です。

    言い換えれば、定期的にメンテナンスを実施して、故障やダメージ箇所を早期発見して迅速にリフォーム工事を施工すれば、長持ちしやすくなることを意味しています。

    ロングライフ設計が目指しているのは、木造建築の耐用年数の二倍に相当する60年です。

    輸入住宅には百年住宅と呼ばれる重量木骨建築住宅もありますし、再生されている古民家は建築後百年以上を経過している場合も多いです。

    東新住建では、まずは60年以上の耐久性を備えている資材を基本構造に使用して一戸建てを新築するのが特徴です。

    目指しているのは、親子の二世代にわたって建て替えが不要となるように、長期的に維持管理する住宅です。

    ロングライフ設計は、標準的に60年の耐用年数を実現しているのがポイントです。

    二世帯同居プランにも対応している

    東新住建では二世帯同居プランにも対応しています。

    高齢者世代となる両親との同居に対して、バリアフリー対策を施工します。

    階段の手すりは標準設計であり、バスルームや廊下などの日常の移動空間でも、手軽に利用できる手すりを設置できます。

    手すりは体重を掛けますから、充分な耐久性が必要です。

    簡易式の取り付けではなく、手すりを握った状態で体重以上の負荷がかかっても、家族の安全性はもちろんのこと、手すりと壁など建物にもダメージが発生しないように施工されます。

    二世帯同居で暮らし始めても、子ども夫婦が高齢者世代になり、孫が大人に成長していきます。

    二世帯同居は三世代同居を考慮したほうが、快適な暮らしを実現できます。

    子どもが成長して独立するときには、間取りの変更プランも実施できます。

    ロングライフ設計の60年は、入居している家族構成の変化にも対応できるので、建て替えを実施した場合の取り壊し費用と新築費用のコストを大幅に節約できます。

    低予算で維持管理できるので、結果的にはお得な住宅に整います。

    東新住建のロングライフ設計は、60年を基準にした家族構成に対応できる、安心して暮らせる住まいです。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿