Archive for the ‘環境’ Category

  • シリアの内戦に巻き込まれた時の対策

    Date: 2018.03.23 | Category: 環境 | Response: 0

    平和を願う日本ユニセフ協会とシリア内戦

    日本で生活しているとシリアの内戦に巻き込まれることなんて、夢にも思ってはいない人が大多数を占めますが、現地では言葉にできないほどの悲惨な状況が広がっています。
    そのため、自分がシリアの内戦に巻き込まれた状況を考慮して生活してみましょう。

    日本ユニセフ協会が言うには、日本は平和に慣れすぎており、緊急時の対応にいささか不安があるとのことで、こういった状況を想定し日頃からイメージトレーニングしておくことは大切だということです。

    通信手段の確保

    内戦で生き残るために必要な最も重要な物は、通信手段の確保です。
    例えばスマートフォンや無線機器等が該当します。

    ただし、それらの通信機器を動かすためには電気が必要です。
    当然現地ではコンセントなんて存在しないので、太陽光発電システムを装備しておく必要があります。
    携帯電話につなげることで充電できるソーラーパネルや予備のモバイルバッテリーなどを携帯しておくことが望ましいと言えるでしょう。

    通信手段の確保により、安全地帯の把握や食糧の獲得、病院の場所などを理解することが出来ます。
    通信手段の確保は、今後生きるか死ぬかに関わる重要なものなので、必ず手に入れておきたいです。

    安全地帯の把握

    ふたつめに必要なことは、安全地帯の把握です。
    通信手段を確保したら分かることですが、安全地帯でなければ通信をすることもままなりませんし、危険地帯に長時間いるとストレスを感じてしまいます。
    特に食料や水分補給が出来ていない状況で極度のストレスにさらされてしまうと精神に異常をきたしてしまうので、注意が必要です。

    ストレスの管理というものは、食事や水分補給と同様に気をつけなければならないのです。
    安全地帯であれば、ストレスを一定に抑えることも可能で、精神を良好な状態に保つことができます。

    食料と水分補給

    みっつめに重要なものは、食料と水分補給です。
    あえて言うまでもなく、人間の身体のほとんどは水分で作られており、そのうちの数パーセントが失われただけでも死に直結してしまいます。

    水分補給をしなくても生きていられるのはたったの1日しかなく、それ以上の時間が経つたびに血管がどろどろになっていき、脳に血栓が出来てしまう可能性が高まります。
    そのため、水分補給は食糧を確保することよりも重要なのです。

    そして、食糧の確保もしなければなりません。
    何も食べないで生きていられるのは、5日が限界で、それ以上空腹の期間が長引くと免疫力が低下し、感染症にかかるリスクが上がるだけでなく、冷静な判断力も失われてしまいます。

    乾パンでもいいので、摂取することが望ましいでしょう。
    特に身体の中で老廃物と共に失われ続けるミネラル分の補給は不可欠と言えるでしょう。

    ミネラル分の補給は不可欠

    ミネラルを効率的に摂取できる食塩も手に入れておくと良いです。
    食塩に含まれているマグネシウムやナトリウムは、脳に栄養を与え、冷静な判断力を維持することができるだけでなく、熱中症の対策にもなります。

    ミネラルを効率的に補給できる食塩がなければ、海水を揮発させて食塩を手に入れましょう。
    近くに海がない場合は、川の水や雨水を使用しましょう。

    川の水や雨水をろ過して、ミネラルを摂取します。
    同時に水分補給にもなるので、多少まずくても我慢しなければなりません。

    自分の存在を隠して隠密行動をする

    よっつめに必要なものは、カモフラージュです。
    自分がどちら側についている人間なのか知られてしまっては、テロリストや政府の軍隊に利用されてしまう可能性があります。

    それだけでなく、標的にされてしまえば狙い撃ちにされてしまう可能性も高まるので、自分の存在を隠して隠密行動をするのは戦場で生き残るための基本です。

    隠密行動をする簡単な方法は、川に流れている泥を使用することが良いでしょう。
    泥を身体に塗って、周囲の風景と擬態することで、遠方から見つからないように行動することが出来ます。

    乾燥地帯であれば、粘着剤などを利用して、服に砂を付着させましょう。
    粘着剤は両面テープやネズミ捕りシートなどでも簡単に使うことができるので、思い切り使うことが望ましいです。

    服だけでなく髪の色にも注意

    服だけでなく、髪の色にも注意しましょう。
    髪の色によっては、明るい砂漠地帯だけでは悪目立ちしてしまいます。
    帽子をかぶるなどして、対策をすることが良いでしょう。

    目立たないためにも、通常の大通りから脱出する方法は厳禁です。
    必ず路地裏から脱出するように心がけましょう。

    その際にはスナイパーから狙撃されるリスクを少しでも減らすために、建物に貼り付くように頭を伏せてすばやく移動します。
    日向にいると、目立つので建物の影を利用すると良いでしょう。

    なるべく夜中に移動することが望ましいですが、昼間に移動する場合は、必ず周囲に気をつけることが重要です。
    もちろん、足元に地雷が仕掛けられているリスクもあるので、行動をする際は複数人で同時に行動するようにして、それぞれがどこを見張るのか担当を分けることが良いでしょう。

    5人で一組であれば地上だけでなく、空中からも見張ることができるので、出来れば5人以上と行動を共にすることが良いです。
    必ずどこかに敵の兵士やテロリストが潜伏しているというリスクを認識した状態で行動することが安全に移動することにつながるのです。

  • ネオコーポレーションが作る電子ブレーカーの性能が凄い

    Date: 2017.08.08 | Category: 環境 | Response: 0

    ■オフィスや店舗の電気代は高い

    オフィスや店舗で電気を使うのは今や常識ですが、電気代が莫大にかかってしまうのが痛いところです。

    もっとコストを下げることができれば、他の事業にお金を回すことができたり、事業拡大にチャレンジすることができたりします。

    悩める電気代を節約するのに活躍するのが、ネオコーポレーションが作り出す電子ブレーカーです。

    単なる電子ブレーカーですが、実はこれを取り替えるだけで大幅な電気代削減ができるという、とても優れた機器として人気がある商品でもあります。

    ■ネオコントロールシステムのN-EBシリーズ

    ネオコーポレーションが得意とする電子ブレーカーの商品名は、ネオコントロールシステムのN-EBシリーズです。

    電子ブレーカーの業界において、ナンバーワンの販売実績を誇るのが特徴です。

    販売実績だけでなく、満足度も高い状態で、利用者の口コミにより申し込みが増えている点も、N-EBシリーズが実際に高い質を誇っている証拠だといえます。

    平成28年12月の段階で、累計販売台数が12万台を超えています。

    企業向けのサービスですから、この販売台数の多さはとても注目すべきポイントだと判断できます。

    ■電子ブレーカーでコストカットできる仕組み

    工場や商業施設などのある程度の規模を誇る建物用の電気料金に関しては、従来のものだと負荷設備契約というものを利用するのが普通です。

    電気を使うそれぞれの設備を使っていなくても、設備を合計した出力容量を元に基本容量が決まり、料金をとられる内容でしたが、平成8年から主開閉器契約という内容が新たに加わります。

    これはメインブレーカーのアンペア数で電気の基本料金が設定されるというもので、従来のものに比べると無駄のないコストを実現できるのがメリットです。

    しかし、電子ブレーカーの性能によって利便性が悪くなる、旧来のものとほとんどコストが変わらないなどの問題が生じてしまいます。

    N-EBシリーズを導入すれば、主開閉器契約のメリットを最大限に引き出せますので、電気代を大幅に安くすることが可能です。

    ■ネオコーポレーションのその他の商品を複合的に使うメリット

    N-EBシリーズを導入するだけでも効果がありますが、エアコンを施設で使っているなら、同じくネオコーポレーションが提供するACCDを同時に導入すると、更にコスト削減ができます。

    N-EBシリーズとエアーコンディショナターミナルデバイスのACTDを結んで、ACTDからACCDに繋ぎ、室外機をコントロールします。

    負荷がかかりやすいエアコンが電子ブレーカーを遮断してしまうのを防ぐために機能するのがACCDの役割で、電気の基本料金を無理に上げる必要がなくなります。

    (参考:ネオコーポレーション 電子ブレーカーより)

  • パッケージを通して社会に貢献する朋和産業

    Date: 2017.06.27 | Category: 環境 | Response: 0

    朋和産業株式会社について

    朋和産業株式会社は千葉県船橋市習志野に本社を置く、製品や商品の包装を手がけている会社です。

    パッケージング・ソリューション・カンパニーとして、クオリティーの高い包装技術を提供し、用途や目的に合わせたパッケージを提案しています。

    例えば、身近なものではコンビニエンスストアでよく見かける、おにぎり用のフィルム包装などは同社が手がけているものです。

    開封に便利な工夫がされていて、海苔とご飯が別個になっているのでパリッとした海苔の食感を楽しめるようになっていますが、そう言った工夫がある包装フィルムが同社の武器です。

    おにぎり以外では、サンドイッチの他、惣菜パン向けの開封しやすく食べやすいフィルムなども開発されています。

    同社のパッケージには、使いやすさと言う点以外にも魅力的な取り組みがありますので、見ていきましょう。

    まず、機能性という点でも、同社はメリットが豊富な包装製品を提供しています。

    レトルト食品には欠かせないレトルトパウチや、簡単に、そして綺麗に剥がせるカップラーメンの蓋、レンジで温めるのに適した包装も手がけています。

    撥水性に優れたフィルムも開発されており、みたらし団子のようなタレが付着しやすい食べ物の包装などに役立っています。

    パッケージの種類は、ポテトチップスなどに用いられる袋型や、小麦粉の包装に用いられる変形し易いタイプ、直立させられる袋タイプなど多彩となっており、多彩な要望に応える事が可能です。

    ペットボトルに巻かれている、ロールラベルにも対応可能。

    特殊な用途や製品の包装には、個別にパッケージを工夫して、提案することも出来ます。

    これらは生活において身近な分野で、普段はあまり顧みられないことも多いですが、気づいてみると、この部分の利便性向上には同社の貢献があると言えるでしょう。

    こう言った対応力の幅広さなどは支持を集めており、今や、業界大手の企業や著名なブランドのパッケージも、数多く手がけるに至っています。

    では、なぜ、同社のパッケージが選ばれているのかを考えてみると、包装技術の品質、幅広い対応力とともに、マーケティング面での力強いサポートも決め手の一つとなっていると考えられます。

    通常の包装だけを行う企業に比べ、朋和産業株式会社は商品企画のサポートから売り場でのプロモーション力、売るためのパッケージデザイン等など、包装と言う分野から、より戦略的な提案をすることが可能となっています。

    重要なパッケージを作っている

    商品が店頭に並んだ時に消費者の目に入るのは、まず値段とパッケージでしょう。

    もちろん、透過パッケージでは商品が透けて見えますが、これも含め、どう言った見せ方をして、アピールをしていくかと言うことを、朋和産業株式会社ならば、一緒に考えることが可能です。

    マーケティング・ソリューション・カンパニーという側面もあるので、そのマーケティング技術を活かし、ターゲットやトレンドのリサーチからプランニング、戦略の策定から、キャッチコピーやSPツールの提案も実施しています。

    グラフィカル面のデザインや形状の提案はもとより、写真撮影やロゴ制作と言った細かな点もサポートしており、配慮が行き届いています。

    ユニバーサルデザインやエコを大切にした包装を手がけることも可能と、現代社会に即した要望にも対応可能です。

    包装用パッケージと言う立場的には脇役になる存在ですが、持つプロモーション力を最大限に引き出すために、同社の持つマーケティング力は、幅広い企業にとって有益なサポートとなっていると言えます。

    幅広い対応と、柔軟なマーケティングの他、大企業の支持を得ている同社では、生産性と品質管理体制も群を抜くものとなっています。

    高性能な印刷機を多数保有しており、1月もあれば1億メートルを超える量の印刷が可能で、こう言った生産性の高さのために、大量ロットの生産にも対応可能です。

    食品関係の包装を多く取扱うため、品質管理と衛生管理にも余念がありません。

    食品工場に匹敵する厳しい管理基準が設けられており、異物混入の防止や細菌、ウイルスの防除など、多彩なアプローチがなされています。

    品質面では、残留する溶剤を検出するための機材や、耐久力を確かめるのための引張試験機、フィルム素材やシートを分析するための光学機器など、多方面から多段的な管理が行われています。

    確かな基準と管理体制で、SO認証を取得しており、その徹底ぶりが覗えそうです。

    環境保全に取り組んでいるという点も

    また、環境保全の取り組みがしっかりとなされているのも、朋和産業株式会社の素晴らしい点として挙げられます。

    国家が定めた大気汚染防止法や廃棄物処理法と言った法令はもちろん遵守し、社内でもマネジメントシステムを構築し、周知を徹底するなど、余念がありません。

    エネルギー節減や、二酸化炭素排出量の削減、省資源化とリサイクルの推進と、多くの手法を組み合わせることで、包括的に地球環境の保全と、資源の有効活用を目指しています。

    ペーパーレス化と言った先進的な取り組みも取り入れられており、意識の高さが感じられます。

    人にも企業にも、そして環境にも貢献する企業として、今後、益々の発展が期待されています。

    ※参考
    朋和産業

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿