• 外食産業の雄であるアンドモワ株式会社

    Date: 2017.11.06 | Category: 体験談 | Tags:

    東京都港区の芝浦に本社があるアンドモア株式会社

    東京都港区の芝浦に本社を構えており、東京に限定せず各地方に店舗を出店させて全国規模で活動しているのがアンドモワ株式会社です。

    これまでの歴史を振り返ってみた際、比較的歴史が浅い事実に気付かされますが、展開する店舗数は右肩上がりに増え続けており、今現在も新たな進路を開拓しています。

    アルバイトを含めると日々業務のために働いているスタッフの数は総勢で6000人を超す巨大企業であり、大勢の優秀な人々によって全国に360店舗ある店でお客様に対し、いつも変わらぬ素晴らしいサービスを提供しています。

    全国に出店しているものの、全てが同じ種類ではなく色々なジャンルに分けられていて、足を運ぶ所によって違う楽しみ方ができるのですが、共通しているのは個室を用意している事です。

    個室での過ごし方や居心地には徹底したこだわりぶりを見せており、完全個室を実現させることによって、一歩足を踏み入れると誰もが日々蓄積している疲労感から開放でき、思い思いにリラックスできます。

    何気ない日常でも足を運べるお店が多いですが、特別な記念日などにも適応できるので、プライベートなスペースで大事な人とゆっくりと寛げるのは贅沢な時間です。

    気が許せる仲間と盛り上がっても良いですし、彼氏や彼女といった恋人や夫婦とのんびり過ごすという事例でもそれぞれに仕切りがあった方が落ち着けます。

    せっかく個別になっている事実を踏まえ、アンドモワ株式会社が考え出したのは、似たり寄ったりな部屋が複数個並んでいる平凡なシチュエーションではなく、個々が一味違うイメージで胸が高まる楽しみです。

    普段であれば店舗全体を個人個人の中でイメージ付けしてしまいますが、一部屋ずつ違いがあるので行く度にドキドキした気分になれて、次回遊びに行く時も案内される所の事に思いを馳せると、楽しみな心情になるものです。

    2015年には今現在の社長が地位に就いた

    2015年には今現在の社長が地位に就いたのですが、交代時には企業理念も刷新されて、今まで以上に胸躍る楽しみを届けていくのを約束しました。

    有言実行することで有名な方なので、理念に沿ってハイペースで具現化していき、顧客満足度も想像していたようにぐんぐんと高くなっています。

    アンドモワ株式会社は居酒屋のあらゆる方面から色々な音が鳴り響く従来のイメージをあまり良いとして捉えていなくて、社長自体が他社のサービスを受けた時に居心地の悪さを覚えてすぐに退店してしまいました。

    音がうるさい事に追加して出される料理は安かろう悪かろうといった出来栄えで、確かに請求される金額は小さなものですが所々冷たくなっていたり、硬さが残っていて満足できるものではありません。

    尚且つ若年者や学生などがお構いなしに大声で叫んでいるので、耐えられないほどの耳障りに感じられてしまっていました。

    せっかく駅前という好立地にあり、公共交通機関の利用前後に気軽に立ち寄れる場所に構えているのに勿体無いと常々考えていたトップは、自分自身が直したいと抱いたポイントをリスト化し実現させたのです。

    実際に常に人通りが絶え間なくある場所なのに、オープンして間もない段階で既に閉店しているといった店も珍しくありません。

    世間の人々の財布の紐が堅いのは事実ですが、衣食住における食は欠かせない行事だからこそ、美味しさとイメージが良いのなら高いニーズを保ち続けられます。

    <参考>
    アンドモワ 店舗

    個室の魅力

    アンドモワ株式会社が最も尽力している完全に別個になっているお部屋は、まさに消費者が求めていたニーズと上手く合致していて、各所でテーマに差異があるが故に、身近にエンターテイメントな施設が完成したような心情にもなります。

    日本古来の植物の名前からヒントを得て作った所では、まるで隠れ家のような外装になっていて、高級和食店のようにゆったりとしている時間が流れており、大企業の上層部がコミュニケーションを兼ねて繰り返し部下や同僚とお忍びで訪問しています。

    日本の人々が心が穏やかに身を置けるのみに限らず、外国の観光客では絵に描いたような場所が目の前に広がるため、何枚も写真を撮影し続け帰国後に仲間に自慢し、羨んだ友人知人が口コミを参考にして遊びに来るケースも珍しくなく、アンドモワ株式会社がいかに先見の明に秀でているのかがわかります。

    当初はお酒をメインとして提供し、アルコール飲料によく合うおつまみを作っていたのですが、近年では子供連れに嬉しいファミリーレストランや和食レストラン、中華料理屋にまで販路を拡大しています。

    中華料理では国内屈指の料理家をヘッドハンティングして採用しているだけに留まらず、現地の中国に出張し直々に入社を依頼することもあります。

    このようにアンドモワ株式会社は数多くのカテゴリの中でトップになるように努力してきたのですが、今最も追い求めているのはスタイルに左右されることなくフリーな形態で遊びに行ける会社を目指していくとした目標で、コンビニのように尚一層身近に寄り添えるようにしています。