• 音大生の生活と将来について

    Date: 2018.01.12 | Category: 体験談 | Tags:

    音楽大学へ進学するということ

    音楽を演奏したり、音楽を作りたいと思っている人の中には、音大に進むという選択をする人が少なくありません。

    彼らは音楽を学ぶために、必要になる教育を大学で学ぶことになるのです。

    学ぶ際には、様々な授業やイベントを経験することになります。

    音大の授業では、試験のために演奏を披露することになることが少なくありません。

    試験で演奏を披露するために、学生たちは必死になって練習することになります。

    試験のための発表であっても、普通の演奏会と変わらないような雰囲気が作られることもしばしばあります。

    例えば、学校の中のホールで演奏を披露することがある場合も珍しくありません。

    そのようなホールで演奏する学生たちは、演奏家らしい演出を求められることになります。

    演奏家らしい演出を行うためにも、ドレスやタキシードを着用していることもしばしばあるのです。

    ドレスやタキシードに関しては、普段あまり頻繁に着るものではないために、レンタルを行うという学生もいます。

    または、ドレスやタキシードを演奏会用に準備をしているという学生も多くいるのです。

    試験を終えた後には、担当の教授からの評価をもらうことになります。

    担当教授は、試験の合否や点数を伝えるだけではなく、その学生が必要としているアドバイスも与えます。

    音大に通っている学生に対して、華やかできれいなイメージを抱くという人は少なくありません。

    高い学費を支払いながら学ぶ学生を、お金持ちであるとみなす人もいるものです。

    しかし、実際の学生生活は、全てが華やかであるという訳ではないのです。

    確かに、演奏会の時にドレスやタキシードを着用している姿を見ていると、華やかであるという印象を持つかもしれません。

    それに、演奏会が終わった後には、花束の交換が行われることもあるのです。

    きれいな花々は、さらに華やかさを演出しているようにも見えます。

    しかし、それらの華やかさや煌びやかさの裏側には、長い時間をかけた練習や努力があるのです。

    人前で練習をしたことを披露できるためにも、学生たちは寝る間を惜しんで練習していることが少なくありません。

    練習をたくさんする必要があることから、アルバイトをする時間を制限しなければならないこともあるのです。

    アルバイトにあまりにも時間を費やしてしまうと、その反対に練習する時間を十分に確保することができなくなってしまうのです。

    音大の学生たちの多くは、授業と練習とアルバイトのバランスを上手く両立させています。

    バランス良く時間を確保することが難しい時には、少しずつでもバランスが取れるように、工夫していることも少なくありません。

    音楽大学のキャンパスライフ

    学生たちは、学生時代の4年間を必死に走り抜けることになります。

    長期休暇の時には、音楽で有名な土地で留学を経験する学生も少なくありません。

    人気の渡航先には、ドイツやフランスなどのヨーロッパを始めとして、アメリカを選ぶ人も多くいます。

    留学することには、言葉の壁にも立ちはだかることが考えられます。
    そのような時には、学生たちは語学を身に付けることも求められるのです。

    外国の学校で学ぶ時には、最低限の語学力が必要になるのため、学生たちは音楽に加えて語学力もしっかりと磨いています。

    外国での学びは、日本国内で経験するものとは違うことも少なくありません。

    異なった環境で新しい先生から学ぶと、一回り成長できる可能性が高くあるのです。

    学生によっては、希望する先生に個人レッスンを受けることもあります。

    個人レッスンを受ける時には、早めに予約をしておくことが求められることも珍しくありません。

    というのも、人気のある講師については、世界中の生徒から人気を集めているからです。

    早めに予約をしておかなければ、待つ期間もかなり伸びしてしまう恐れがあるのです。

    留学した学生の中には、その後、現地の学校で長期留学に挑戦する学生もいます。

    学部が終わったとに、修士号を取得する学生もいるのです。

    または、海外で音楽活動に従事する学生も少なくありません。

    オーケストラの団体に属する人もいれば、指揮者やソロの演奏家として活躍することもあるのです。

    卒業後の進路について

    日本の音大を卒業した後の学生たちは、それぞれの夢に向かって羽ばたきます。

    音楽を使った仕事に就く人もいれば、音楽とは関係のない仕事に就くこともいます。

    音楽の道に進むということは、音大に通う学生の間でも難しいと言われることがしばしばあります。

    しかし、機会が全くないという訳ではありません。

    そのため、チャンスが少なくても、挑戦し続ける学生は多くいます。

    学生の中には、卒業をした後でもずっと夢に向かって挑戦を続ける人たちがいるのです。

    挑戦をしていくためには、日頃の努力がとても必要になります。

    しかし、努力をして、夢を勝ち取る人も存在しています。

    そのような姿を見て、後輩たちはモチベーションを高める人も少なくありません。

    頑張っている人を見ると、鼓舞されるものなのです。

     

    ニュース トピックス

    武蔵野音大江古田新キャンパス